POPANについて

乳酸菌生産物質を含む健康飲料 POPAN

最近、よく耳にする「乳酸菌生産物質」。「乳酸菌とは違うの?」――きっと、そうした疑問を持つ方も多いはず。皆さま、乳酸菌生産物質とはどういうものかご存じでしょうか?

乳酸菌生産物質は、名前のとおり乳酸菌が作り出した物質のこと。

実は、ヒトが活用しているのは乳酸菌が生み出す「乳酸菌生産物質」です。乳酸菌の中でも、自分の腸内にいない菌で外から摂取した菌は、ほとんど体内に定着しないといわれています。せっかく身体にとって良い菌を取り入れても、ヒトの腸内環境と相性が良くないと、うまく働けないこともあるのです。

乳酸菌が作り出したものである乳酸菌生産物質は、胃酸などにも比較的強く、腸にダイレクトに届いて働きます。さらに腸内環境に左右されにくく、より多くの方に満足いただけるため、今大きな注目を集めています。

乳酸菌生産物質は、アミノ酸、ビタミン、ミネラルなど、私たちの身体に嬉しい多くの成分を含んでいます。

乳酸菌生産物質を含むPOPANで、体内のバランスを整え、健康的な生活を送ってみませんか?

0035_1.jpg
水

POPANができるまで

厳選された純水と黒糖に乳酸源を加え、加熱し培養、発酵させることおよそ1年。この中で「乳酸菌生産物質」が誕生します。

​時間も手間もかかりますが、この製法で菌が安定し、味や濃さのばらつきが少なくなります。

POPANのこだわり

腸内環境の研究で博士号を取得した社長自らも、毎日POPANを飲んでおり、その有用性を絶賛しています。

皆さまに毎日安心して飲んでいただけるように、品質にこだわっています。

試験管

POPANの6つのこだわり

POPANの大切な素材である水は、特殊な方法によって水の中の不純物を取り除いた純水を使用。POPANの乳酸菌生産物質をより身体に届きやすくしています。

沖縄の恵まれた自然の中で作られる黒糖を使用。マグネシウムや銅、亜鉛など美と健康に嬉しいミネラルが豊富です。

数百種類も存在するといわれている乳酸菌の中から、より多くの方にマッチする乳酸菌を配合。

身体のことを第一に考え、人工甘味料・香料・防腐剤などは一切使用していません。

原材料はすべて国産。製造、梱包、発送まですべて国内で行っています。

お子様からご年配の方まで、幅広い世代の方にお飲みいただけます。

LINE_ALBUM_POPAN_220507_7.jpg

POPANの名前の由来

POPANの名付け親は、社長の姪っ子である3歳の女の子。

 

「『乳酸菌』って言ってみて」とお願いしたところ、元気よく「ポパン!」と答えたことが会社名と商品名の由来です。

 

もちろん姪っ子もPOPANを愛飲中。

ポンッと気持ちまで弾むような愛らしい響きで、皆さまの健康を彩るドリンクになることを願っています。

これからのPOPAN

近年、腸内細菌の研究は飛躍的に進み、次々と新しいことがわかってきています。それでも、まだまだ腸内細菌については解明されていないことだらけです。

 

一方、私たちが健康に生きるためには、腸内環境が重要であることは変わりません。

ぜひ、皆さまにPOPANを飲んでいただきたい、そして、子ども、孫の代へと広めていただきたい。

皆さまの健康維持になくてはならないもの、POPANがそんな存在になれればと思っています。

幸せな家族